MMORPGの世界では、この時期になると「ウェルカムバックの週末」や無料トライアルを開催し、年末年始に新規プレイヤーや古参プレイヤーを自社のゲームワールドに引き込むのが一般的です。しかし、プレイヤーがMMORPGを去るとき、それには理由があることがよくあります。では、何がきっかけで、もう一度チャンスを与えようと思ったのでしょうか?

現在、「World of Warcraft(WoW)」と「ファイナルファンタジーXIV(FF14)」は、それぞれアゼロスとエオルゼアにプレイヤーを呼び戻そうとしており、他のMMORPGもプレイヤーを呼び戻す方法として、フレッシュスタートサーバーや刷新された体験を立ち上げています。これらのMMORPGの運営会社は、新規プレイヤーだけでなく、一度プレイしたプレイヤーを再び獲得することを望んでいます。他の人たちは、1回目には興味を引かれなかったMMORPGに飛び込むとき、どんなことを考えているのだろうかと、興味が湧いてきます。

筆者は、最初にプレイしたMMORPGにもう一度挑戦するかどうかは、いくつかのポイントに着目しています。

新機能と改善点

筆者が最初に見るのは、そのMMORPGが新しい機能を追加したか、あるいは前回プレイしたときにそれほど魅力的でなかった機能を改善したか、です。クエストラインの見直しやレベリングの効率化など、前回離脱したのと同じ壁や苦労にぶつかり、また無駄な労力を使うことにならないか? MMORPGに追加された新機能で、やってみたいと思わせる面白さや説得力はあるか?をよく検討します。

(中略)

友達がまだやっている

これは大きいですね。「マルチプレイヤー」と大きく書かれている通り、すでに離れてしまったゲームに時間を費やすには、一緒にプレイする仲間がいることが重要です。ストーリーと世界を誰かと一緒に体験するよりも、ソロでプレイすることのほうが多いという事実が、引退する理由になることもあります。

これは筆者がFF14を始めたころの経験です。プレイしている友達はたくさんいましたが、筆者が参加できるときは暇だったり、筆者より3つ先の拡張パックでレイドしていたりすることが多かったのです。特に赤魔道士は、最初の興奮が冷めた後、あまり楽しめず、当時のFF14は「ソロが信じられないほどつまんない」と思い、引退してしまいました。

(中略)

単純にオファーやキャンペーンが良い

絶賛発売中のMMORPG「ファイナルファンタジーXIV」をご存知でしょうか? プレイ時間の制限なく、「レルムリボーン」と拡張パック「ヘブンズワード」をレベル60まで無料でプレイできる拡張無料トライアルを実施中です。

このMMORPGが時の試練に耐えられる理由のひとつは、結局のところ、キャンペーンが良いからです。毎回、このように正確に言うのが面白いだけではありません。また、説得力のあるマーケティングであり、人々を長くゲームに引き込み、実際に続ける必要があると感じさせる良い方法なのです。つづく

Recent Entries最新の記事

  • 開発者を知ろう:Chris Garlickさん

  • 痛いニュース(ノ∀`):6人組アイドル「雪のフェアリー」、デビュー直後に5人が脱退…。

  • 古いポーション、在庫一掃セール!

  • 火曜日のアップデートノート(2023.1.23)

  • え!?、「EverQuest」のUIが4月に刷新?

Category Listカテゴリー一覧

Tag Listタグ一覧

Date List日付一覧

Author List投稿者一覧

  • Accendo
  • Angeliana
  • Asterix
  • Bree Royce
  • Bunji
  • Caith
  • Chris Neal
  • Christina Gonzalez
  • Cyliena
  • David Jagneaux
  • Denmum
  • Dreamweaver
  • Eliot Lefebvre
  • Feldon Morgan
  • Gninja
  • JChan
  • Joseph Bradford
  • Justin Olivetti
  • Kaitheel
  • Kander
  • Mepps
  • Mint
  • MJ Guthrie
  • Niami Denmother
  • Poorna Shankar
  • Robert Zak
  • spells管理人
  • Suzie Ford
  • Thart
  • Thordalf
  • Windstalker

Powered By ZEPETO