今朝、Microsoftがゲーム大手のActivision Blizzardを687億ドル(約7.9兆円)で買収し、「Call of Duty(CoD)や「World of Warcraft(WoW)」の開発元を傘下に収めることが発表されました。これにより、Microsoftは、Sony、Tencentに次いで、売上高で第3位のゲーム会社となります。

この買収により、Activision Blizzardの複数の開発スタジオがMicrosoftの傘下に入り、Microsoftは「Call of Duty」「Diablo」「World of Warcraft」といった世界最大の製品シリーズを所有することになります。

Activision Blizzardは、CEOのBobby Kotickのもと、独立して運営されます。しかし、この買収が完了すると、Activision Blizzardの開発チームはPhil Spencerの直属の部下となる予定です。IGNによると、現時点では、買収後もBobby Kotick氏がActivision BlizzardのCEOに留まると伝えていますが、両社はMicrosoft GamingのCEOであるPhil Spencer氏が統括するとのことです。

[UPDATE 10:05am PT] Wall Street Journal誌によれば、両社に近い情報筋の話として、Kotick氏は買収後にCEOを退任する意向とのことです。つづく

Recent Entries最新の記事

  • Varsoonサーバー、ベータテストが開始!

  • 火曜日のアップデートノート(2022.5.10)

  • なぜ現代のMMOは「なんか違う」と感じてしまうのか?

  • Varsoonサーバー、5/24にリリース決定!―― 目玉は「種族村の復活」

  • 金曜日のアップデートノート(2022.5.6)

Category Listカテゴリー一覧

Tag Listタグ一覧

Date List日付一覧

Author List投稿者一覧

  • Accendo
  • Asterix
  • Bree Royce
  • Bunji
  • Caith
  • Chris Neal
  • Cyliena
  • David Jagneaux
  • Denmum
  • Dreamweaver
  • Eliot Lefebvre
  • Feldon Morgan
  • Gninja
  • JChan
  • Joseph Bradford
  • Justin Olivetti
  • Kaitheel
  • Kander
  • Mepps
  • Mint
  • MJ Guthrie
  • Niami Denmother
  • Poorna Shankar
  • Robert Zak
  • spells管理人
  • Suzie Ford
  • Thart
  • Thordalf
  • Windstalker

Powered By ZEPETO