Gninja says:
みんなはカオスなディセンディングからエレメンタルプレーンを救ってくれました。そして、みんなはプリスマティックドラゴン(Kerafyrm)の爪痕からノーラスを救ってくれました。よくやってくれました! よね? ということで、これまでのレイドとこれからのレイドについて少しお話ししましょう。

カオス・ディセンディング(CD)のレイドでは、非常に厳しいResolveのステータスシステムと、レイドの攻略に向けてあまり多くの時間を費やせないプレイヤーのためのちょっとした融通性(柔軟性)を残したシステムを取り入れました。これはレイド攻略をもう少し直線的でわかりやすくするとともに、次のTierに到達したときの達成感をより感じてもらえることが目的でした。これにより、後半から拡張パックに参加しづらい、補充が必要とされるロール(役割)を埋めるためのALTキャラを用意しづらい、というデメリットも開発チームは把握しています。CDのレイドが非常に多くのTierに分かれている理由は(プレイスタイルに関係なく)レイダーが参戦できるエンカウンターの数を増やすためでした。しかし、今後のコンテンツでは、多数の難易度のボスに対して装備を整えなけばならない問題に対処するために難易度の数(Tierの数)を減らしていく可能性が高いです。また、Resolveではなく難易度によってエンカウンターのバランスを取りたいと考えています。これにより、カオス・ディセンディング(CD)で発生した問題の1つ(適切なResolveに到達してしまうと初回PULLで簡単に倒せてしまう)からエンカウンターを守ることができるはずです。

入門レベルのレイドに関する条件や、後半から拡張パックに参入してくるプレイヤーが追い付くための仕様についてはかなりホットな話題であり、開発チームも常にヒアリングを行っています。みんなが期待するような形式で返信する時間はないかもしれませんが、開発チームはそこから出てくるアイデアにすべて目を通していますし、それぞれのアイデアの長所と短所は常に検討しています。これから計画しているシステムを一字一句正確にお伝えすることはできませんが、次期拡張パックが近づくにつれて、何らかの対策は準備する予定です。

とりあえず、予定していることの1つは今年の夏のパンダ商人に黒アドーンメントのセットを追加することです。ALTや他のプレイヤーと一緒に拡張パックをスタート出来なかったプレイヤーにとって、黒アドーンメントを入手できる別の方法になります。黒アドーンメントについて話しておくと、神にダメージを与えるためのCelestial Weaponがレイド全体にとって非常に入手しづらい、という不満を聞きました。ですので、黒アドーンメントのセットボーナスにこのプロテクションを回避するためのフラグも追加したので、使おうと思えばCelestial Weaponの代わりに使えるようになります。ただし、他人にバフをかけるアビリティはありません。ということで、Celestial Weaponよりも良い武器を持っていたり、すでに黒アドーンメントのセットを持っている人は、その武器で十分に神に立ち向かえるようになります!

レイド全般としては長年にわたって大きく変化を遂げてきました。うまくいったものもあれば、そうでなかったものもあります。ゲームが拡大し、より多くのシステムが導入されるにつれて複雑さが増し、予測不可能なパーツが増えていきます。最近追加されたシステムでいえば、ミシックレイドです。これは開発チームが期待したほど/想定したほどうまくいかないことが判りました。当初は同じエンカウンターの手強いバージョンを想定していましたが、攻略法がほぼ同じ、ステータスの差異もほぼ同じだったので、「前のゾーンと同じじゃん」と思われてしまうゾーンに成り下がってしまいました。開発チームはこれまでのノーマル/チャレンジのように、ノーマルを倒すとチャレンジがアンロックされ、チャレンジは新しい仕掛けがあり、本当の意味でもっと手強いエンカウンターになっている、というようにミシックのレイドを廃止する方向に進んでいます。これによって、チャレンジのエンカウンターは新しい新鮮な体験となり、ノーマルであればどんなスタイルのプレイヤーでもコンテンツを見ることができるようになります。開発チームが制作したすごいグラフィックやサウンドをぜひ他の人にも見てもらいたいと思っています! マジですごいから! 今取り組んでいるグラフィックとか、びっくりするし!

さて、新しいコンテンツについてお話ししましょう! 開発チームは今から拡張パックのリリースまでに少なくとももう1つのレイドコンテンツを作っています。その一方で、オフィスでは開発チームの全スタッフが次期拡張パックに取り組んでいるところです。ですので、レイドに関しては多くのベータテストが登場します。シェアできる詳細は多くないのですが、多くのベータテストがあって、それにはみんなが参加できる、とだけ言っておきます。レイド評議会では、新しい招待ラウンドを実施し、非アクティブなギルド/メンバーについては削除させていただく予定です(年に2回、こうした作業を行っていきます)。レイド評議会のメンバーになるには、レイドギルド/レイド団体ごとに2名の代表者を持つことが許されています。「レイド評議会って何ですか?」と聞く人がいるかもしれませんね? レイド評議会とは、プレイヤーと開発チームの間でレイドの討論を行うためのプライベート(非公開)なフォーラムです。このフォーラムは秘密保持契約(NDA)の下で運営されているので、ここで議論した内容を他の誰かにシェアすることは禁止されています。これにより、開発チームはレイドの仕掛け/仕様の背景にある理由に関して、もう少し細かな情報までシェアすることができるためです。もし興味があれば、参加の仕方について公式フォーラムのプライベートメッセージで「Gninja」に連絡を取るようにレイドリーダーに伝えてください。多数のリクエストがあるかもしれないので、返信に時間がかかるかもしれません。よろしくお願いします。

ということで、次は何が出てくるのでしょうか? まぁ・・、一言では言えませんが、今言えるのはコレをシェアできる日を本当に楽しみにしているということです。まだレイドの素材をお伝えすることはできません。ただし、いち早くやってみたい/見てみたいという人は新しいエンカウンターのテストに参加するもよし、私宛にプライベートメッセージを送るもよし、シートは限られていますがレイド評議会に登録するもよし、です。

ノーラスで会いましょう!

Gninja
EverQuest II
シニアゲームデザイナー

Recent Entries最新の記事

  • 現状から判断して「Daybreakがヤバイらしい」

  • Daybreak、謎の商標を申請!―― 子会社設立、もしくは分社化!?

  • 火曜日のアップデートノート(2019.7.9)

  • Kaladimサーバー&Nagefenサーバーのシーズン2.0について

  • 「夏はマジ卍」イベント開催中! ―― 7/9 (火) 4:00まで

Category Listカテゴリー一覧

Tag Listタグ一覧

Date List日付一覧

Author List投稿者一覧

  • Bree Royce
  • Bunji
  • Cyliena
  • Eliot Lefebvre
  • Feldon Morgan
  • Justin Olivetti
  • MJ Guthrie
  • Niami Denmother
  • Robert Zak
  • spells管理人
  • Suzie Ford
  • Thart

Powered By ZEPETO