筆者プロフィール:Mogrimさん(EQ2U/ギルドSovin NaiZ所属)

まず、今回のテーマ…、「EQ2におけるDPSの現状」について語る場所を設けてくれたことに対して、EQ2Wireさんに感謝します。

この記事でやろうとしていることは、すべてのDPSクラスに3つの「ランキング」と1つの「スコア」を与えることです。GU103がリリースされて落ち着いたら、最終的なランクをつけたいと考えています。ランキングの中には、筆者の私見による「評価」のランクが入っています。DPSクラスの「スコア」は、1位のクラスのスコアを「100」とした相対値です。つまり、1位以外のクラスのスコアは1位のクラスのDPSと比較して、何パーセントくらいを出せるのか?という値です。

ブリガンドとスワッシュバックラーに関して、EQ2開発チームは「T1 DPSクラスには該当しない」と考えているようですが、今回の一覧にはこの2つのクラスを含めました。この理由として、1人、2人がしょぼしょぼのT1 DPSクラスだった場合、ブリガンドとスワッシュバックラーがこのカテゴリーに入ってくることがあるためです。さらに、T4レイドの「物理ダメージ vs 魔法ダメージ」の問題を考慮に入れました。

考慮すべきこと

  1. シグネチャークエストの終盤でもらえる近日登場のオレンジアドーンメントは、メイジに有利です。が、スカウトはETHEREALのFervorルーンがかなり改良されているのに対して、メイジはこのスロットにルーンがなかったので、これは驚異というほどではありません。
  2. GU103でもクラスバランスの変更が入ると思います。修正される最有力候補はウィザードで、続いてウォーロック、アサシンも同じくらいの可能性があると考えられています。可能性は低いですが、ネクロマンサー、スワッシュバックラー、ブリガンドは強化されるという外部の発言もありました。最強になったT1 DPSクラスは弱体化される、というのは(残念ながら)よくあることです。ほとんどの人は「レンジャーのエピック2.0のHawkは弱体化されるだろ」と予想しているようですが、筆者はコンジュラーのペットの弱体化があるのではないかと予想しています。ビーストロードもプライマルにちょっとした変更が入るかもしれませんが、このような変更は作業量が多いので可能性は低いと見ています。
  3. T4レイドの「物理ダメージ vs 魔法ダメージ」の不具合は、GU103のリリースでクリアされるはずです。ダメージが「平準化」されているので、この修正はメイジに有利、スカウトに不利(一部のスカウトにとってはDPSの損失)につながる可能性が高いです。
  4. この記事はたぶん間違っています。間違えるつもりで書いたわけではありませんが、たぶん間違っています。クラスのバランスを取ろうとしたことがクラスにとって振れすぎになってしまい、最悪から一転して最強になることもあります。逆にそのような振れ幅を小さくしようとすれば、クラスバランスの変更が物足りないものになってしまいます。ときには、必要とされるバランス変更に十分な時間をかけられないだけ、ということもあります。特に、次期拡張パックで予定されている「クラスの大改革」では、クラスバランスがどの程度まで変更されるのか、現時点ではまったくわかっていません。

ということで、前置きはこのへんにして、さっそくいってみましょう。

9位:スワッシュバックラー

解説:現状、スワッシュバックラーのDPSが輝くような難易度の高いAOEの戦闘がありません。グループリセットはすごいです。が、Fervorが激増しているせいで、Maurauder’s Vauntは重要性がかなり低くなっています。最大ヘルスを下げるデバフは、ブリガンドとスタックせず、ほぼどのレイドでもブリガンドを入れることを優先しています。現状は、少し厳しいポジションです。

8位:ブリガンド

解説:バランス変更であまりヘルプが入らないクラスです。以前は、かなり必須といえるポジジョンにいましたが、現状はデバフによってかろうじて望まれるクラスの座をキープしているといった様子です。ただし、物理ダメージが下がるせいで、T4 mobに対しては価値が急落します。総合的には悪くない立ち位置ですが、24人のレイド構成で1人以上欲しいと思えるような理由は見当たりません。

7位:ウォーロック

解説:オレンジアドーメントで強化され、T4の変更も有利ですが、バランスに対する大規模な見直しが入る可能性は低いです。このクラスが持続的な戦闘(長引く戦闘)でパースの上位に上がってくるようにするだけの修正を行う時間が足りていないようです。マナリジェネと副次的なバフを考慮すれば価値のあるクラスですが、純粋なDPSによるレイド構成にはうまく適合しません。

6位:ウィザード

解説:Fiery Blastの「完全修正」に賭けています。が、クラスのスペルだけで、アセンジョンのスペルには効果が出ない(か、1つのアセンジョンスペルのみに制限される)のだろうな…とも思っています。その結果、ウィザードは強化され、ウォーロックを超えていくと思いますが、劣化だらけのユーティリティのせいで、典型的なT1 DPSクラスの中では、最下位あたりをうろうろしています。ただし、Fiery Blastがカンペキに修正され、アセンジョンスペルにカンペキに効果が出るなら、個人的なウィザードのランクは2位まで上がります。まぁ、ないだろうけど。

5位:アサシン

解説:アサシンをやっている人は、ちょっとした強化に期待しているようですが、ギルメンによると、大きな変更はないだろうと言っていました。ただし、個人的には「レンジャー×2」よりも「レンジャー×1、アサシン×1」のほうがレイド全体にとってはいいと思っています。特にヘイト転送や最大ヘルスのデバフを考慮すれば、なおさらです。バランス変更でそこそこの強化以上の何かが入れば、たとえDPSトップではなくても、いてくれる価値のあるクラスです。

4位:レンジャー

解説:レンジャーは、今一番「弱体化されそう」なクラスです。特に、エピック2.0のHawkペットがやばいです。弱体化がなかったとしても、T4 mobの修正でHawkのDPSが下がるという事実を考慮すれば、レンジャーは若干弱くなると予想しています。「レンジャーいらね」というほどではありませんが、継続的なパースではトップから少し下がる可能性は高いです。

3位:ビーストロード

解説:ビーストロードが弱体化される要素は、あまり見当たらないと思います。ただし、T4仕様の変更とメイジがオレンジアドーンメントでシンプルに底上げされる事実を考えると、一般的に認められている「DPSトップ」の座からは陥落する可能性が高いです。ビーストロードは十分に強いですし、ピンチの場面では多才ですが、もう雲の上の存在ではありません。

2位:ネクロマンサー

解説:サモナーはすでにかなりいい立ち位置にいるうえに、オレンジアドーンメントから最大の強化を受けることになりそうです。が、ネクロマンサーはエピック2.0のペットがそれほど良くありません。結果として、ネクロマンサーができることは、ほぼコンジュラーでもできる、という判断になります。蘇生以外は!

1位:コンジュラー

解説:コンジュラーは神です。なぜか? すでにいいポジションにいるうえに、オレンジアドーンメントがさらにこのクラスを輝かせてくれるからです。さらに、6月下旬に予定されているイシリアル祭り(イシリアルのクローク)からT1 DPSクラスは最大の強化を得られるチャンスがあります。さらにさらに、デカ文字を叩き出すためのユーティリティも多数持っています。コンジュラーから、まじデカい文字が出ることに期待してください。

最後に

今回はエキサイティングなGUになるはずです。クラスバランスは問題のまま残ると思いますが、正しい方向への第一歩と楽観的に考えています。開発チームは大きな受け皿を持っていて、一般的にフィードバックや提案をかなり受け入れてくれています。先に言っておきますが、素敵なGUをありがとう。ノーラスで会いましょう!

Recent Entries最新の記事

  • Kaladimサーバーの続報2 ―― EoFリリースは2/20(木)に決定!

  • Blinding: Twisted Vista [Raid]が復活

  • BoLの感想 ―― アビリティの強化は順当、でもランクアップは難しい

  • John Smedleyさん、元EQ2コミュニティマネージャーVanessaさんの支援を呼びかけ

  • 火曜日のアップデートノート(2020.1.14)―― 変身型の飛行マウントに見た目マウントが使えないバグ

Category Listカテゴリー一覧

Tag Listタグ一覧

Date List日付一覧

Author List投稿者一覧

  • Asterix
  • Bree Royce
  • Bunji
  • Caith
  • Chris Neal
  • Cyliena
  • David Jagneaux
  • Dreamweaver
  • Eliot Lefebvre
  • Feldon Morgan
  • Justin Olivetti
  • Kaitheel
  • MJ Guthrie
  • Niami Denmother
  • Poorna Shankar
  • Robert Zak
  • spells管理人
  • Suzie Ford
  • Thart

Powered By ZEPETO