たま~に、DaybreakはDaybreakしなければならないこともありますが、プレイヤーにできることは首を振って笑うことだけです。

今月の「EverQuest 21周年」に暗雲が立ち込めています。しかし、これは開発チームの自業自得のようです。昔ながらのMMORPGに「監視人システム」(EverQuest IIの同機能によく似たリモートエージェントシステム)を導入したまでは良かったのですが、最後の最後でDaybreakは報酬アイテムのコストを大幅に見直してしまいました ―― これはプレイヤーにとって好ましいものではありませんでした。

どうやらDaybreakはシステムのテストやバランス調整を十分に実施していなかったようです。「開発チームは、このシステムはゲームプレイを補完するものであり、それに取って代わるものではないことが大切と考えています。」

しかし、プレイヤーはDaybreakが実施した調整は「やり過ぎだ」と感じました。公式フォーラムでは「もうやる意味ない」「役に立たない」「時間の無駄」などの反応が寄せられています。

今回の調整はこのシステムを使い始めた人をがっかりさせただけではなく、この調整に先立ってagent packの購入に数万円のお金を使った人も激怒させました。これに対して、Daybreakは「返金はしない」とのことです。あひゃひゃ。

Recent Entries最新の記事

  • Ashes of Creation(AoC)、いよいよアルファ1開始!―― 気になる完成度は?

  • 初代EQ1開発メンバーMike Hutchinsさん、心不全で急逝 ―― Bradさんに続いて二人目

  • EQ1で一番良かった拡張パックはどれ?

  • 火曜日のアップデートノート(2020.5.12)―― オートアタックでステルスが解除される問題

  • 木曜日のアップデートノート(2020.4.30)

Category Listカテゴリー一覧

Tag Listタグ一覧

Date List日付一覧

Author List投稿者一覧

  • Asterix
  • Bree Royce
  • Bunji
  • Caith
  • Chris Neal
  • Cyliena
  • David Jagneaux
  • Dreamweaver
  • Eliot Lefebvre
  • Feldon Morgan
  • Gninja
  • JChan
  • Justin Olivetti
  • Kaitheel
  • Kander
  • MJ Guthrie
  • Niami Denmother
  • Poorna Shankar
  • Robert Zak
  • spells管理人
  • Suzie Ford
  • Thart
  • Thordalf
  • Windstalker

Powered By ZEPETO