heebu says:
とにかく適正レベルの状態で 解析をして、練習に練習を重ねて倒した時の爽快感はなかなか味わえません。
適正レベルってのが大事で、実際適正レベルでなく、後戻りした状態で倒してもまったくうれしくありませんでした。
これは、nerf前に倒す、nerf後に倒すのも同様で、感動が違います。

DPS不足はだいたいの場合24人メンバーが集まっていなくて挑戦している場合が多いです。

レイドでは重要な要素がいくつかあります。

  • レイドの目標が明確なこと。
  • レイドメンバーが豊富に常にいること。
  • レイド時間を有効活用する。

レイドの目標

私は適正レベルでコンテンツクリアを目標にずーと取り組んできました。
楽しくわいわいレイドすればそれはそれで楽しいものですが、やはりレイドで味わえる最高の高揚感は上記でも言いましたように、全員で練習を重ねて強敵を倒したときにのみ味わえます。
その高揚感をレイドメンバー全員で共有できたらなあという思いです。
ゲームでここまで、絶叫できることは他に無いと思います。

レイドメンバーが豊富にいること

適正レベルをクリアするには必要条件です。多少待機がでても募集し続けることが実は大事です。
というのも、ハイエンドコンテンツにいけば、この職がいないととか DPSが足りないなど、数名欠けただけで倒せないケースが多く、今までも人数が集まるまで足止めされた経験は何回もあります。
なので適正レベルでクリアするには、最後まで24人レイドを継続できるか?が鍵になります。

もちろん、編成や戦略 配置などの小手先の手段で、回避できることも多少なりともありますが、ハイエンドコンテンツとなると、バランスのいい24人のレイド編成が組めないとかなり。きついです。

人もいる、目標も明確。だけど週一回のレイドだったら、なかなか最後まではいけません。
やはり、時間も非常に重要な要素です。
これは行き先の選定だったり、全員が時間短縮をしようという意識があるかで相当変わってきます。
極端な話ですが、アイテム分配時間 移動時間 掃除時間はレイド総時間の約半分を占めています。
それを少しづつ短縮できれば、次の拡張までに捻出できる時間は膨大になります。
無意味なファームや無駄な時間を短縮して、挑戦時間を捻出することは、非常に大事で、
レイドに参加している全員が時間の感覚に敏感になると、目標が見えてくるのではないでしょうか。

ハードコアすぎると思うかもしれませんが、ハイエンドコンテンツに挑戦していくとはそういうことです。
お気楽にレイド楽しみたいなら、ハイエンドコンテンツに手を出さないほうがいいとまで
思います。ずっと低tierを回っていた方がゆっくりはできるでしょう。
そしてそこそこ装備が集まって、達成感も得られないまま、時期拡張を迎えて、また装備がゴミになるの繰り返しになるわけです。

適正レベルでコンテンツをクリアする。とは、簡単そうで相当ハードルが高く、その過程では高揚感のあるレイドが体験できるということになります。
昔の記事を見ると当時のギルドの状態などが書かれていて、今更ながら参考になります。
面白いですね。

Recent Entries最新の記事

  • MMORPG「Pantheon: Rise of the Fallen」、アルファ日程も未だに決まらず…。

  • 【号外】おめでとう!! レイド団体Mikared、ワールドランキング10位に!―― Osanpo解散から3年、地道な強化で快挙達成

  • 【号外】レイド団体Mikared、「Xegony(T4M)」を撃破!―― 日本人勢悲願の世界トップ10入り!

  • 火曜日のアップデートノート(2019.5.14)―― Kaladimサーバーで冒険パックが解禁!

  • さよなら、Roxanneさん!―― EQ2コミュニティマネージャーが退職

Category Listカテゴリー一覧

Tag Listタグ一覧

Date List日付一覧

Author List投稿者一覧

  • Bree Royce
  • Bunji
  • Cyliena
  • Eliot Lefebvre
  • Feldon Morgan
  • Justin Olivetti
  • MJ Guthrie
  • Niami Denmother
  • Robert Zak
  • spells管理人
  • Suzie Ford
  • Thart

Powered By ZEPETO